外国人技能実習制度

日本の企業に発展途上国の若者を技能実習生として受け入れ、

実際の業務を通じて実践的な技能や技術・知識を学び、習得してもらい帰国後に母国の経済発展に生かしてもらう公的制度です。

外国人技能実習制度の積極的な活用により、慢性的な人材不足の改善だけでなく、業績向上や国際貢献にもつながります。

実習制度の仕組み

弊社は、事業協同組合や商工会等の非営利団体(監理団体)が技能実習生を受け入れ、傘下の企業等(実習実施者)で技能実習を実施する団体管理型という方式で行っております。

 

受け入れから実習開始までの流れについて

 

①技能実習生受け入れについてのご相談、お申込みいただいてから、実際に受入れを開始するまでには、入国許可のための申請が必要となる為にお時間が必要となります。無料のお問い合わせはこちらから→お問い合わせ

 

②お申し込み受付後(図①)すぐに現地で求人依頼をかけ(図②)、現地面接に向けて書類選考などを行い、求人数の2~3倍になるよう候補者を選別します(図③)。

 

③現地へ行き、企業様自身で直接技能実習生候補者と面接し、人材を確定していただきます(図④)。

確定したら実習生と雇用契約を締結していただきます。

 

④契約後、実習生は約3~6か月間現地で学校に入り、日本語の勉強や日本の文化、生活習慣など基本の知識も身につけます。

 

⑤実習生が入国準備を行っている間、組合では様々な申請作業を行います。企業様自身が作成する「技能実習計画書」とその他の資料をを外国人技能実習機構へ申請し、 計画が認定されれば入国管理局への在留資格認定申請、ビザの申請などを行います。

 

⑥技能実習生は現地日本語学習を終え、在留資格認定証明書と査証の発給を受けて日本に入国します。

 

⑦来日後、日本での実習をスムーズに行えるようにする為の講習を1ヶ月にわたり、組合の施設や提携施設を利用して組合主導で実施します。

 

⑧その後、実習生は企業に配属され労働基準法に沿って雇用契約を結び、技能実習日程に沿って技能を学びます。

 

⑨技能実習生は1年間の技能実習終了前に技能検定(基礎的な技術試験)を受け、合格者はさらに2年間企業の従業員として技能・知識の習熟度を高めます。また、さらに技能検定3級相当に合格した場合は一時帰国の後、2年の実習延長が可能です。

ACCESS

光市で木造屋の解体を行う当社の店舗情報を掲載しております

光市で建物の解体工事をはじめとする土木・公共工事外構工事、太陽熱温水器の設置工事を幅広く行っている当社は、土日祝日を定休日として営業しております。 JR山陽本線の島田駅が最寄り駅ですので、光市で解体工事を行う業者をお探しでしたら、当社へ気軽にお問い合わせください。
株式会社DS Life Design写真
会社名 株式会社DS Life Design
住所 山口県光市大字小周防字地坂676番1号
電話番号 0833-48-6630
営業時間 9:00-17:00
定休日 土曜日 日曜日 祝日
最寄駅 島田駅
お気軽にお電話ください
0833-48-6630 0833-48-6630
9:00-17:00
山口県光市大字小周防字地坂676番1号